エネルギーを満タンにしてださい。

white clouds and blue sky

転載元

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

この記事はミナミAアシュタールより承認を得て転載しており、

この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールより

承認を得ていただければと思います。

M-Y-N19

エネルギーを満タンにしてださい。

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージを

お伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

素直になってください。

素直が一番なのです。


やりたいからやる、イヤなことはしない、

欲しいものは欲しいと思う、


こういうとあなた達は、みんながそんなことを

していたら社会は成り立ちませんと言いますが、

みんなが我慢していたら(自分の欲求を押さえつけて

人のためにだけ生きることを選択したら)

豊かで自由でみんなが幸福に感じる社会に

なるのでしょうか?


いまのあなた達は人のために、みんなのために、

○○のために・・と我慢ばかりしています。

我慢して、我慢して・・みんなが笑っていられる

楽しい社会になっていますでしょうか?


我慢しても楽しくはないのです。

人のことを一番に考えて、自分の素直な感情、素直な

欲求を押さえつけていたら自分が楽しくないのです。

自分が満たされないのです。

満たされなければエネルギーが枯渇します。

枯渇したエネルギーはどこから補充しますか?


それがあなた達が抱えている社会の問題の根っこ

なのです。


エネルギーが枯渇するから人からバンパイアするように

なります。

それが競争になったり、イジメと言われるものに

なって行くのです。

どうやって人からエネルギーを搾取しようかという

ことばかり考えてしまうようになるのです。

競争やいさかいの感情からは手を差し伸べ合うという

行動は起きては来ないのです。

競争に負けたのだからそれは自己責任です。

私は知りません・・・という発想になるのです。


最近とみにこの”自己責任”という言葉が国や政府

から出てきています。

この”自己責任”という言葉にうなずかないでください。

それは国や政府の責任放棄です。

自分たちの責任を放棄しているということです。

税金という搾取をしながら、還元しませんと公言して

いるのです。

競争に勝った力の強い権力者である自分たちだから

自由に使っていいと公言しているのです。

自分たちのお金だと思ってしまっているのです。


話がそれましたのでもとに戻しますね。


エネルギーが枯渇するからいろいろな問題が

出てくるのですから、いま抱えている問題を解決

しようと思えば、エネルギーを回復すればいいという

ことになります。


エネルギーを回復する、欲求不満を解決するためには

どうすればいいでしょうか?

本当にシンプルな答えになります。

自分に素直になればいいだけのことです。


まずイヤだと思うことをやめるのです。

そして、素直にしたいこと、楽しいと思うことをして、

素直に欲しいものを欲しいと言えばいいのです。


何度もしつこいようですが、エネルギーが回復すると

人を傷つけたり、イジワルしようとか思いません。

競争を望んだりもしなくなるのです。

比較してどちらが上だの下だのにフォーカスしなく

なります。


何かあったらお互いに手を差し伸べることが素直に

出来るようになるのです。

だから、丸い社会になって行くのです。

すべてが循環している気持ちのいい社会になるのです。


エネルギーを満タンにしてください。

そうすれば丸く循環するようになります。

エネルギーを満タンにするためには自分の気持ちや

欲求に素直になることです。


素直になってください。

あなた達が抱えている問題がすべて解決します。



あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。

 

ミナミAアシュタールの公式YouTube

ミナミAアシュタール(メッセージ)

超次元ライブ『迷宮からの脱出パラレルワールドを移行せよ!』 ミナミAアシュタール

ミナミAアシュタールRadio

 

ミナミAアシュタールのブログ

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

富山県在住。 一人娘を子育て中。 シンママ。 高次元の宇宙人・神様が好き。 動物が好き。 食べ物は特にからあげが好き。 ゲームはスプラトゥーン2が好き。 音楽・アニメ・映画・ドラマが好き。