他人ごとではないと思えるかどうかです。

chairs near river in autumn forest

転載元

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

この記事はミナミAアシュタールより承認を得て転載しており、

この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールより

承認を得ていただければと思います。

M-Y-N19

他人ごとではないと思えるかどうかです。

アシュタールからのメッセージ

マイナンバーと金融機関口座の紐付け 義務化見送り

政府は27日、マイナンバーと金融機関口座の紐付けを

義務化することを見送ると発表しました。

同27日、マイナンバーカードの取得率はいまだに

2割程度にとどまるため、未取得者8000万人に

QRコード付きの申請書を送付すると総務省が発表しました。



あれだけ一生懸命マイナンバーカードを宣伝しても

2割しか取得していないんですね。

そりゃ口座に紐付けしようとしても出来ないわ^^;

みんながNG出してるんだものね。


でもねぇ~、私不思議なんです。

マイナンバーにはちゃんと意思表示してイヤなものは

拒否するのに、マスクはみんなしてるんだろう?って。

マスクもイヤな人はイヤだって言って拒否すれば

いいのにねぇ~~

だって、8割近くの人がイヤだって言いながら渋々

してるんでしょ?

なんでだろう??

8割の人がマスクを外せばすぐにこの騒動は

終わるのにって思うんだけどねぇ~~^^;



ということで、アシュタールからのメッセージを

お伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

リスクを考えることが出来るからです。


カードを作ると自分の情報が漏洩するかもしれない、

カードを作るメリットが感じられない、

デメリットの方が多い、

と考えることが出来るからです。


リスクとメリットを天秤にかければ、やめておこうと

個人個人で思うことが出来るからです。


近くのリスクは考えることが出来るのですが

遠くのリスク、長い目で見たときのリスクをイメージ

することが出来ず、目の前のリスク(感染するかも

しれない、感染させてしまうかもしれない)ばかりに

目が行ってしまうからなのです。


マスクをするリスク、デメリットがはっきりとわかれば

行動も変わってくると思います。

マスクを外そうと思えると思います。

長い目で見てください。


長い目というのは、このままの状態(危ないからと言われて

それを自分の目で確かめることなく信じてしまう状態)で

いるとその先はどうなっていくかということを考えられる目

なのです。


この先のタイムラインで考えられることはどういうこと

でしょうか?


ちょっとイメージしてみてください。


マスクから自粛になり新しい生活様式になりどんどん

行動が狭められて行き、イベントなどの文化や娯楽も

出来なくなっています。



そして次の段階では、マスクや自粛、文化的な生活を

取り戻したければワクチンを打ちましょうという話に

なってきます。

もうすでにそれは始まっていることはお分かり

いただけると思います。


そして、次に来るのがチップですね。


身体のことだけでなく、キャッシュレスなどの話から

財布や携帯など何も持たなくても買い物ができると

便利さを強調してチップを推奨してきます。


チップなどSFの話です、陰謀論でそんなことはおとぎ話です。

国や政府の人たちがそんなことを庶民にするはずが

ありませんと思っているかもしれませんが、もう実際に

ペットに対してのチップは義務化されています。

そして、今度は徘徊するお年寄り、誘拐の恐れがある

子どもたちの身を守るためにチップをという話も

出てきています。

国や政府はあなた達国民のことは何も考えていません。

彼らの主人(支配者)たちの命令を聞くだけなのです。

庶民の幸せなどまったく興味ないのです。

命令されれば自分たちの地位、立場を守るためには

どんなに強硬手段を用いてもしなければ

いけないのです。


彼らははじめはハードルの低いところからはじめます。

ペットならばいいよね、自分たちとは関係ないからね。

お年寄りは仕方ないよね、子どもの命を守るためなら

仕方ないよね・・と一般的な生活をしている自分とは

関係ないと思わせておくのです。


そうして少しずつハードルを上げていき、自分たちの

チップを入れることへの対抗感をなくしていくのです。


チップを入れたらどうなるでしょうか?

便利になる?・・って思いますか?

便利になります・・彼らが・・ということです。


少人数の彼らが大人数のあなた達庶民を管理するのに

とても便利になるということです。

簡単に大人数のあなた達を支配・コントロールすることが

出来るということです。


これは事実です。

SF映画の中の話ではないのです。

もうすぐそこまで来ているのです。


それをイメージすることが出来れば、拒否することが

出来るのです。

他人ごと的に考えてしまうと思考停止になってしまいます。

もう他人ごとではないと思えるかどうかということです。


今日のアシュタールはずいぶん怖がらせますね・・と

思うかもしれませんが、怖がらせているのではありません。

事実をお伝えしているのです。


チップ=陰謀論、SF映画の世界であり実際にはありえない話と

映画や本などでさんざん刷り込まれているので実際に

自分の身に起きるかもしれないと考えることが出来なく

なってしまっているのです。


チップという言葉を聞いた瞬間にそこでそれに伴う

リスクやデメリットを考えることが出来なくなって

しまっているのです。

チップという言葉に対して大きな拒否感を感じ

嫌悪感を感じ、その話題から離れたい、考えたくないと

思うのです。


リスクを考えてください。

デメリットをイメージしてください。

そうすれば自分の身に何が起きるのか、実際何が

起きているのかが分かります。


そうすれば、”いま”することが分かります。

”いま”どうすればいいかが分かります。

そして、行動することが出来ます。


カードのことでもお分かりいただけると思いますが、

あなた達庶民が動かなければ彼らは何も出来ないのです。

そこをしっかりと理解してください。


あなた達が従わなければ彼らは手も足も出ないのです。

もし、強硬手段で何かを決めたとしても、あなた達が

従わなければそれも絵にかいた餅、実行力も何も

無くなり何の効力もなくなるのです。


このくらい大丈夫、このくらいのことで事を荒立てる

のはめんどくさいと思っていると、この先はもっと強く

荒立てないといけない状況になります。


このくらい大丈夫、このくらい我慢しておこうと

思わないでください。

”いま”なのです。

”いま”のあなた達の行動一つで社会は大きく変わります。

そのままの方向(超管理社会)のタイムラインを選ぶか、

それはイヤだと思い行動するか、

で、あなたの現実は大きく変わります。


あなた達が舵を持っているのです。

彼らが持っているように思わされてしまっていますが

舵を持っているのはあなた達庶民なのです。


あなたはどういう社会を望み、どういう生活がしたいかを

しっかりと決めてください。

そして、イメージしてください。

イメージ出来れば現実化することが出来ます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール! 感謝します。

 

ミナミAアシュタールの公式YouTube

ミナミAアシュタール(メッセージ)

超次元ライブ『迷宮からの脱出パラレルワールドを移行せよ!』 ミナミAアシュタール

ミナミAアシュタールRadio

 

ミナミAアシュタールのブログ

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

富山県在住。 一人娘を子育て中。 シンママ。 高次元の宇宙人・神様が好き。 動物が好き。 食べ物は特にからあげが好き。 ゲームはスプラトゥーン2が好き。 音楽・アニメ・映画・ドラマが好き。