覚悟をするためのエネルギー

green leafed tree near body of water

転載元

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

この記事はミナミAアシュタールより承認を得て転載しており、

この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールより

承認を得ていただければと思います。

M-Y-N19

覚悟をするためのエネルギー

アシュタールからのメッセージ

 

先日の記事「飛び出すエネルギーにしてください。」
 

に関して、

飛び出すって何処へ、どうやってでしょう。

人里離れたところに急いで引っ越しましょうと

いうことなのでしょうか。それが出来る人は

ほとんどいないのではないでしょうか。


・・・的なご質問を多くお寄せいただきました。

それに関してアシュタールからメッセージが来ましたので

お伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

誰かがどこかに連れて行ってくれる、

誰かが考えてくれる。

具体的に誰かが指示してくれる。

という思考は手放してください。


私たちはあなたをどこにも連れていくことはできません。

そして、あなた達に逃げ場所、新しい世界を用意

することも出来ないのです。


私たちが出来るのは、それが出来るようになる思考の

方法をお伝えすることだけなのです。


飛び出すエネルギーにしてくださいと言ったのは、

覚悟してくださいと言いたかったのです。

覚悟が出来れば、離れることが出来るのです。

離れる覚悟をするためのエネルギーにしてくださいと

お伝えしているのです。


たとえば、公園にいじめっ子がいるとします。

そのいじめっ子に逆らうととても怖い思いをします。

だから、そこにいる子どもたちはそのいじめっ子の

命令にイヤイヤ、しぶしぶでも従うのです。


でも、本当にもうイヤだと思うことが出来れば、

そのいじめっ子の命令に従わなくなります。

イヤですとはっきりと言うことが出来るようになるのです。

最初はいじめっ子はその言葉に対して、またもっと

強く、従わないと殴るぞ、ひどい目に合わせるぞと

いうかもしれません。

でも、一人でもその言葉に怖がることなく、エネルギーを

引かずスッと立ってイヤだということが出来れば

いじめっ子は何も出来なくなるのです。

そして、あなたとはもう遊びませんと言えば、同じ公園の

中でも別の遊びをすることが出来るのです。


覚悟です。

殴られる覚悟ではありません。

自分を信じる覚悟です。

自分を信じることが出来れば、対立ではなくスッと立って

自分の考えを伝えることが出来ます。

そのエネルギーになった人に干渉することは

出来ないのです。


もし、一人の子どもがそれが出来たとしたら、それを

今まで文句を言いながら従っていた子ども達もその子を

見て、そういうこともできるんだと思い、自分もイヤだと

言えるようになるかもしれません。

もちろん、言えずにまだ従う子どもたちもいるでしょう。

それは個人の問題ですので、良い悪いではなく

自分の好きな道を選べばいいのです。


そして、イヤだと言える子どもたちが集まれば、

その子ども達だけで遊ぶことが出来るのです。

場所ではありません。

どこかに行かなければいけないわけではありません。

同じ場所でも干渉しあわずに遊ぶことが出来るのです。

それがそっと離れるということです。

住み分けるということです。


いじめっ子に対して文句を言ったりしたらケンカに

なります。

ケンカになれば力が強い方が勝ちますので、また力で負けて

またしぶしぶ従わなければいけなくなります。


どんなことを言われても、脅かされても従わない、

もうイヤだとことが出来れば、ケンカにもならずそっと離れる

ことが出来るのです。

気合という言葉をあなた達は使いますが、気合があれば

エネルギーを引かずにすむのです。


そして、最初に戻りますが、最初にいじめっ子に向かって

イヤだという人を待たないでください。

そして、イヤだといった人に付いていこうと思わないで

ください。

イヤだといった人を持てはやし、その人をヒーローにして

ついていこうとしないでください。

それは依存です。

依存してしまうとまた同じようにいじめっ子が出てくる

ことになります。

もしかしたら、最初にイヤだといった子どもが次の

いじめっ子になるかもしれないのです。


でも、あなたが誰にも従うのはイヤです、自分のことは

自分で決めます、自分のことは自分でできますとしっかりと

覚悟することができれば、もし最初の子どもがいじめっ子に

変身したとしても何も影響は受けません。

そして、周りの子どもたちがエネルギーを引かなければ

最初の子どももいじめっ子に変身することなどありえないのです。


飛び出すエネルギーにしてくださいとお伝えしたのは

そういう意味です。

もうイヤだとしっかりと思うことが出来れば、従うことを

やめます。

頑張らなくても、従うことがなくなります。

自然と従うことが出来なくなります。

そうなると誰にも揺るがされることがなくなるのです。


どこか別の場所に行かなければいけないわけでは

ありません。

どうやって離れるかはご自分で考えてください。

どうやって別の遊びをはじめるかもご自分で考えてください。


あなたが私たちにそれを期待するのは依存になります。

私たちは依存されることは望みません。


もうイヤだと思うエネルギーを満タンにして、従うことを

やめ、彼らと違う遊びをする覚悟をしてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。


 

ミナミAアシュタールの公式YouTube

ミナミAアシュタール(メッセージ)

超次元ライブ『迷宮からの脱出パラレルワールドを移行せよ!』 ミナミAアシュタール

ミナミAアシュタールRadio

 

ミナミAアシュタールのブログ

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

富山県在住。 一人娘を子育て中。 シンママ。 高次元の宇宙人・神様が好き。 動物が好き。 食べ物は特にからあげが好き。 ゲームはスプラトゥーン2が好き。 音楽・アニメ・映画・ドラマが好き。