ベランダに鳩が来たんです。

brown bear on brown wood

転載元

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

この記事はミナミAアシュタールより承認を得て転載しており、

この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールより

承認を得ていただければと思います。

M-Y-N19

ベランダに鳩が来たんです。

さくやさん(ドラコニアン)からのメッセージ

ベランダに鳩が来たんです。

姿を見たわけじゃないけど、落し物が2つほど・・

こりゃ参ったな、鳩たちがお友達と遊びに来るように

なったら困ったことになるぞ・・と。

じゃあ、鳩と話をしてみるかって思い立って、

「鳩さんたち、ベランダに来ないでもらえるかな?」って

言ったんです。(エネルギー場でですよ~)

そしたら、「なんで?」っていう思考が帰ってきたから

「洗濯物を干すことが多いから、ふんふんなどされると

困っちゃうから・・ベランダも汚れるし」って返すと、

「ふ~ん」っていう思考が返ってきたから、もう大丈夫だね、

理解してくれたんだね、ありがとう・・って思っていたら

しばらくしてから、「でもさ、それはそっちの事情で、

私たちがそこに行かないメリットは?」っていう鳩の思考が来た。

それを受けて・・・「鳩のメリットねぇ~、確かにそうだよねぇ~

鳩はベランダの手すりで一休みしたい、そして、飛ぶには

ふんふんをして身体を軽くしないと飛びにくい。

洗濯物はこちらの事情・・そっか、じゃ、仕方ないね。

好きにしてください」って言うしかなかったミナミです。

ベランダに来なくてもいい鳩のメリット何かないかなぁ~。

そしたら交渉出来るかな?


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「じょうもん時代や江戸時代がどうして長く続いたか

分かる?

それはね、人もそうだけど動物たちのそれぞれの生活圏

(生活行動範囲)を尊重していたからなの。

同じ場所にいたとしてもお互い干渉せずにいたの。

だから、無用ないさかいなどが起きなかったのね。


山に人が入ったとしても、そこに住む動物たちの生活に

干渉するようなことはなかった。

山にいる動物たちが生活に困るような事はしなかった。

木をやたらに切ってしまったり、果物や木の実を必要以上に

取ったりしなかったから動物たちも食物に困ることが

なく、人里に降りてきたりすることもなかった。


そして、何かしら行動範囲が重なる時などは話をしていた。

話と言っても直接話し合うとかじゃないのよ。

お互いのメリットを探し合うの。

人間側はこうしたいと思っているけど、あなた達動物側は

どうですか?っていう気持ちを持っていると動物たちも

答えてくれるのよ。

何となくの感覚だけど、そうか動物たちはこう思っているのか

ってわかるの。

そうやって、人間側と動物、植物側のメリットを探って

お互い納得できる所でやっていたからいまのような無用な

争いをしなくてよかったのよね。


いまのあなた達の思考は排除だけ、

人間側の都合に合わせなさいって言って、彼らの意見や

思いを無視してグングンやっていくから動物たちもいい気が

せずに争いが起きてくるの。


動物も昆虫も植物も話をすればわかってくれるのよ。

蜂が寄って来たとするでしょ。

蜂は何も危害を加える気はない、ただ飛んでいるだけ。

なのに、驚いた人間は危害を加えられると勝手に思い込み

手で払おうとしたり、叩き落そうとしたりするでしょ。

ただ飛んでいるだけなのに、突然攻撃されたら蜂も驚くし

自分の身を守ろうとするわよね。

そして、刺してしまうという事になる。

ムダな争いよね。


蜂は何も理由はないのに刺したりしないの。

何も理由ないのに人間を指すメリットがないから。

メリットどころかデメリットしかないの。


ならば、蜂が飛んでいたとしても、たとえ身体にとまったと

しても、対立ではなく調和のエネルギーでいれば

蜂は何もしない。

あら、こんにちは・・くらいの気持ちでいれば何もしないの。

する理由がないのだから。


畑もそうよ。

自分の畑にはいってくるな、作物を食べるなって一方的に

言っても彼らは聞かないわ。

だって、彼らの中にはテラの上にある植物は誰のものでも

ないっていう考えがあるから。

それを食べちゃダメなんて一方的に言われても知りませんって

思うだけよね。

ならどうしたらいい?

人間は畑の作物を食べてほしくない、動物は作物を食べたい。

ならば、動物のためにここまでは食べていいですよっていう

場所を作っておくの。

そして、ここからここまでは私たち人間のためにおいておいてね

っていえば、動物は聞いてくれるわ。

本当に食べていいですよっていう範囲だけであとは手を

つけないの。

これがお互いの行動範囲を飛び越えないってこと。

干渉しないって事なの。

(まぁ、山の食べ物に困るほど山を開拓しなきゃ動物も

畑のものを食べようなんて思いもしないからこんな問題も

起きてこないんだけどね、それを言っちゃうと根本的な話に

なっちゃうから今日はやめておくわね)


いまの人間は何かというとすぐに怖いって言って追い払おうと

したり、自分たちのものを取るからと排除しようとするから

彼らとうまく付き合うことが出来ないの。


これはワンネスを知っているかどうかなのね。

すべては同じ存在だという事が分かっていればむやみに

排除しようとしたり、人間側だけの都合で彼らに何かを

強制することがなくなるわ。

動物、昆虫、植物、鉱物すべての存在と話をすることが

できるようになる。

そうなれば、お互いの行動範囲を気持ちよく設定でき、

干渉することがなくなる。

だから、うまくいくの。


動物も昆虫も植物も魚も鉱物もすべてちゃんと意識を

持っている。

ちゃんと考えるし感情もある。


そこを忘れてしまうから彼らといい関係を保つことが

出来ないの。


じょうもんや江戸の子たちはワンネスをしっていた。

だからすべての存在を(自分たちも含めて)大切に思っていた。

だから、あんなに長い時間を平和に暮らすことが出来たの。


人間同士ももちろん同じ。

お互いの考えを尊重し合えたから干渉もすることなく

干渉されることもなく自由に豊かに暮らすことが出来たの。

上下もなく、コントロールされることもなく、平等だという

考えをしっかりと持っていたからムダな争いもすることが

なかった。


いまからでも出来る。

すべての存在が自分と同じ存在で、意思も感情もあると

いう事を感覚(ハート)で理解することが出来ればあなたの

世界は大きく広がるわ。

いまとはまるで違う世界が見えて来るわ。


あなた達をこころから愛しているわ~」


ありがとう、さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛しているよ~~^0^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ミナミAアシュタールRadio44

決められた運命などない

vol.109 「あなたはあなたです!」
vol.110 「決められた運命などない」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

超次元ライブ69

ポイント②波動領域と周波数の大きなマチガイ!


コロたんって結局なんなん?

宇宙人が語る衝撃の真実!!

これは見るしかない!!


では、どうぞお楽しみくださいませぇ~~
 


 

ミナミAアシュタールの公式YouTube

ミナミAアシュタール(メッセージ)

超次元ライブ『迷宮からの脱出パラレルワールドを移行せよ!』 ミナミAアシュタール

ミナミAアシュタールRadio

 

ミナミAアシュタールのブログ

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

富山県在住。 一人娘を子育て中。 シンママ。 高次元の宇宙人・神様が好き。 動物が好き。 食べ物は特にからあげが好き。 ゲームはスプラトゥーン2が好き。 音楽・アニメ・映画・ドラマが好き。